コピーライティング

直接現金を生み出す唯一のスキル

更新日:

Pocket

高樹です。

 

もし、あなたがこれから

「ネットビジネスで成功したい」

と考えているのなら、”必ず”習得しなければいけないスキルが存在します。

 

ビジネスにおいて最も重要で最も尊いスキル

 

それは"コピーライティング"です。

 

コピーライティングを一言で言い表すと

「人の心を動かす文章」

です。

 

今でこそ、プロダクトローンチのように動画で商品を紹介しているケースは珍しくありません。

 

しかし、インターネットは文章の世界です。

 

動画や音声であったとしても全てにシナリオがあるもの

 

全ては文章がベースとなっています。

 

ブログであれ

Twitterであれ

Facebookであれ

youtubeであれ

メルマガであれ

インターネット上に存在する全てのコンテンツは文章によって成り立っていると言っても過言ではありません。

 

よって、インターネット上で何らかの媒体を用いてビジネスを展開していこうとするならば、このコピーライティングのスキルは間違いなく"最強”の武器になりえます。

 

そして、コピーライティングは一生使い続けることのできる不変の技術

 

時代が変わろうと、裏切ることなくあなたの手元にお金を運び続けてくれます。

 

もちろん、結果を出すためにはマーケティングやセールスのスキルも必要となります。

 

ただ、いくらマーケティングを勉強して、大量のアクセスを集めたとしても、アクセスを流した先の文章が”お粗末”なものだったのなら当然反応率は悪くなり、商品が成約されることはありません。

 

それは、ざるで水をすくうようなもの

 

よって、ネットビジネスにおいて、マーケティングやセールスは”コピーライティングありきのもの”と言っても過言ではありません。

読み手が人間である限り...

インターネットはドッグイヤー、ラットイヤーと呼ばれるほど移り変わりが非常に激しい世界です。

 

1年前まで通用した手法が今では全く使えないないというのは決して珍しい話ではありません。

 

そのため、常に時代に即した手法が研究、開発され、流行りの手法は常に変動しています。

 

その反面、コピーライティングは結局のところ「社会心理学」の分野

 

読み手が人間である限り通用します。

 

文章ひとつで人を共感させ、信用させ、興奮させ、行動させる

 

文章力さえ磨くことができれば、"意図的"に多額の現金を稼ぎ出すことも可能になります。

 

このコピーライティングを極めれば、"10分で書いた文章から何百万という報酬が発生する"なんていう芸当も可能になります。

 

現に、私が現在進行形で収入を右肩上がりで上昇させ続けることができているのも、このコピーライティングの技術を学んだ賜物です。

 

コピーライティング(社会心理学)を徹底的に勉強することで、消費者の心理さえも自然に理解できるようになりました。

 

なので、これからネットビジネスを始めようと思っている方は、何を差し置いてでもコピーライティングを学び、その後にマーケティングやセールスなどのテクニックを勉強する必要があります。

 

そうすれば、その時流行っているマーケティング手法も手に取るにように理解することができ、そのマーケティングを駆使してアクセスを流せば、その先の文章次第で莫大な結果を意図的に叩き出すことも可能になります。

 

それが、例えどの媒体であろうとも、コピーライティングというスキルを身に付けてしまえば、いとも容易く現金収入を生み出すことが可能になります。

 

とはいえ、コピーライティングに限らず文章関連の書籍や教材、社会心理学関連の書籍や教材は星の数ほど存在するので、一体どの教材で勉強したらよいのか悩んでしまうでしょう。

 

しかも、コピーライティングにはその性質上、"正解"は存在しません。

 

なので、余計にどの教材を選んでよいのかわからなくなってしまうと思います。

 

実際私自身も、コピーライティングの重要性に気付いてからは、書籍や教材を買い漁り、いわゆる"良書"と呼ばれる書籍にも一通り目を通しましたが、書かれていることの大半が抽象的であり、それを自分のケースにどう置き換えてよいのか悩んでいました。

 

もちろん、役に立つような書籍や教材はいくつか存在しましたが

「インターネット上でモノを売るためのコピーライティング教材」

という観点で言えば、下記の「The Million Writing」という教材が一番効率的にコピーライティングを勉強することができます。

The Million Writing

The Million Writing

この「The Million Writing」の作者は、この教材のセールスレター自体を書き上げている宇崎恵吾という人物です。

 

そして、セールレター内で宇崎恵吾さんの師匠として紹介されていた"年収5億円ライター"です。

 

コピー1本で年収5億円、しかも匿名で

 

コピーライティングの技術1本で、年収5億円などと言われても

「胡散臭い」「あり得ない」

と思われることでしょう。

 

私も、初めて年収5億円ライターの肩書を見た時は

「どうせよくある誇大広告の類だろ」

と思っていましたが、セールスレターを読み進めるにつれて

「年収5億円かどうかはともかく、コピーの技術は確かに超一流だ...」

そう感じていたのです。

 

気になる方は、是非「The Million Writing」のセールスレターを一度覗いてみてください。

The Million Writing

 

きっとあなたは最後までセールスレターを読み進めてしまうでしょう。

 

そう思わせるほどに強烈なコピーがセールスレター内で披露されていました。

 

そして、コピーライティングというスキルをマスターすることができれば、これほどまでに人を惹きつける文章を書くことができるという事実を理解して頂けたかと思います。

 

先ほども少し触れましたが、ネット上の全てのコンテンツは「文章」で構成されており、成約率を左右するのも「文章」です。

 

つまり、「全てはコピーライティングのスキルにかかっている」と言っても過言ではありません。

 

特に、ネット上ではコピーライティングのスキル次第でどのような商品であっても売れてしまいます。

 

「セールスレターに釣られて教材を買ったが、役に立たないゴミのような商品だった」

「売れている教材を購入したが、内容が無い商品だった」

なんてのはよくある話です。

 

つまりは、コピーライティングのスキル次第で、ゴミのような商品であっても、飛ぶように売っていくことが可能になります。

 

使い方次第で、天使にも悪魔にもなりえる強力なスキル

 

それがコピーライティングです。

結局センス次第なんでしょ?

ただ、コピーライティングと聞くと

「結局は抽象的な話なんじゃないか?」

「文章力は生まれ持った才能だろ」

と思われるのではないでしょうか。

 

確かに、文章力はそういった側面も存在します。

 

かつての私も同じような思いを抱いていました。

 

特に、私は何をやらしてもダメなたちだったので

「いくら勉強したって上達しない」

「そんな才能は自分に備わっていない」

と考えていました。

 

そして、世に出回っている書籍や教材も

「結局何が言いたいのかわからない」

「結局何をすればいいのかわからない」

といったものがほとんどです。

 

文章の法則などが書き連ねられているが

「それをどう活用したらいいのかわからない」

というものが大半です。

 

ただこの「The Million Writing」を一度読めば、そのような固定概念や価値観は全てひっくり返されるでしょう。

 

「The Million Writing」には、教材制作者である宇崎恵吾さんとその師匠である5億円ライターによる、極めて科学的な「法則」や「原理原則」が詰め込まれているからです。

 

言語化され、明文化されたロジックにより、質を高めることができるのは事実

 

例え、才能が無くとも、ある程度の文章を書くことができてしまいます。

 

「こう書くと、人はこう感じるんだ」

「こんな法則があったのか」

といった風に、優れたコピーライティングスキルと豊富な経験を持つ著者が「コピーの書き方」を初心者にもわかりやすく解説しています。

超一流コピーライター直伝、
極めて科学的なコピーの「法則」「原理原則」

この「The Million writing」では、初心者でも理解できるように、ロジック化して体系化されているため、明日からにでも活用できるような「活きたノウハウ」が詰め込まれています。

 

だからこそ、「ネットで稼ぎたい」と考えている初心者の方には、コピーライティングを学ぶための最良の教科書として、この「The Million writing」をオススメしています。

「コピーのみで年収5億」というあり得ない実績

その一流のライターのコピーライティングスキルをロジック化したノウハウ

この2点だけでも「学ぶ」という意味では申し分ありませんが、この教材にはその他にも3点、他とは比べものにならない長所が存在します。

The Million Writingが、“他とは比べものにならない”3つのダメ押しポイント①破格の価格設定

1つ目は、普通では考えられない"破格"の価格設定です。

 

なんと

「コピーのみで年収5億」というあり得ない実績

その一流のライターのコピーライティングスキルをロジック化したノウハウ

をたったの"3980円"で購入することができてしまいます。

 

私も初めてセールスレターで値段を見た時には、目を疑いました。

 

セールスレターの内容から言って、

「2万円や3万円でもおかしくはない」

と考えていたからです。

それが、たったの3,980円です。

 

39,800円ではなく3,980円です。

 

書店に並んでいるコピーライティングの書籍でも、これ以上の価格のものはごまんと存在しますし、何より実際に成果を挙げつづけている著者の活きたノウハウが、たったの3,980円で手に入れることができるというのですから、この価格を見た時は驚愕して少しフリーズしてしまったほどです。

 

さらに、これ以上にあり得ない、常軌を逸した"ダメ押しポイント"が存在します。

3つのダメ押しポイント②「無条件返金」という“ありえない”保証。

この「The Million Writing」には。なんと「無条件返金保証」が付いています。

 

「この『The Million Writing』を読んで、内容に不満があったのなら、無条件で全額返金をする」

と宣言しているわけです。

 

私も情報教材というものを数多く目にしてきましたが、「無条件で全額返金」という保証は初めて見ました。

 

正直、常識では考えることができません。

 

「ノウハウ」を教える教材に、無条件返金保障を付けているんですからね。

 

変な話、この保証を利用して、「ノウハウ」だけを盗めるだけ盗んで「ハイ返金」なんてこともできるわけです。

 

そんなリスクしかないような保証を付けることができるのは、

「あなたを稼がせることができる」

という絶対的な自信の現れでしょう。

 

ただ、実際に「The Million Writing」を読めば、そんな"ありえない保証"を付けることができる理由を理解できると思います。

 

それほどコピーライティング教材としてのクオリティが段違いです。

 

正直、この時点で

「これからネットビジネスで稼いでいきたい」

と考えている人ならば、"手にしない理由がない"、"もはや買わない理由がない”とさえ言えるような教材ですが、これらに加え「The Million Writing」には、さらにダメ押しともいえるようなプランが準備されています。

3つのダメ押しポイント③超一流コピーライターへコピーの添削及び制作依頼

先ほども紹介した、宇崎恵吾さんの師匠である「年収5億円ライター」へ、「コピーの添削、制作を依頼していける特別枠を得ることができる」というもの。

つまり、あなたが書いたコピーを「5億円ライター」が添削してくれたり、コピーの制作を依頼することができるということです。

 

これも常識ではあり得ません。

 

少し考えてみてください。

 

一流のコピーライターに仕事を頼むのなら1回で数百~数千万は普通にかかります。

 

そもそも、個人が一流コピーライターと出会える機会はほとんどありません。

 

本当に売れているコピーライターは常に案件を抱えており、中々出会うことはできないもの

 

そして、何千万も稼げる案件ばかりを抱えているため、最低でもそれくらいの金額でないと仕事を依頼することができません。

 

それがなんと、3980円の教材を買うだけで、売れている大物ライターに添削を頼んだり、優先的に仕事を依頼できる権利を手に入れることができるのですから、極めてクレイジーなプランだと言わざるを得ません、。

「コピーライティング」と「The Million Writing」

実際、私自身もこの「The Million Writing」を読み、自分のビジネスに取り入れてから、反応率が今までより上昇していると実感しています。

 

私は、ネットビジネスを始めた当初から、文章を独学で学んでおり、コピーライティングに関する、書籍や教材を買い漁っており、それらを活用することでそれなりの成果をあげることはできていました。

 

その上で

「こういう言い回しは反応率が上がる」

「こう書けば人はこういった感情を抱く」

など、自分なりの文章の法則性を持っていましたが、体系立てられたものではないため、イマイチ自信を持つことができませんでした。

 

ブログを一記事アップしたり、メルマガを一通送るだけでサラリーマンの月収を優に超えるお金を稼ぎ出しても

「狙った金額をピンポイントで稼ぎ出す」

と言えるほどの確固たる自信や根拠はありませんでした。

 

ただ、この「The Million Writig」に書かれているコピーのロジックを読んでから、自分のコピーライティングがより鮮明に形作られていきました。

 

これまで自分が練り上げてきたコピーライティングの技術に最後のピースをはめ込んだような、そんな感覚を味わいました。

 

そして、これまで以上にクオリティの高いコピーを自信を持って書くことができるようになりました。

 

まだまだ、私のコピーライティング技術も未熟ですが、

「コピー一つで成約率を跳ね上げていく」

ことに対しては確固たる自信を持つことができるようになりました。

 

ブログにしろ、メルマガにしろ文章一つから得ることができる利益は目に見える形で跳ね上がりました。

 

今では

「こう書けば、人はこう反応する」

ということを無意識レベルで理解できています。

 

結局、この文章を通して私が言いたかったことは

・コピーライティングの技術はビジネス、特にネットビジネスでは、「稼ぐ」上で必須であり、万人が勉強すべきスキルであるということ。

・コピーライティングのスキルを身に付けると、今までとは比べ物にならないほどの圧倒的な成果を、"狙って"出していくことが可能になるということ。

・そして、そのコピーライティングを学ぶ上で、「The Million Writing」は他の書籍や教材より「頭一つ抜きんでている教材」であり。「最良の教科書」であるということ。

 

コピーライティングを学ぶということは「社会心理学」を学ぶことと同義

 

必然的に「消費者の心理」も理解できるようになります。

 

よって、「コピーライティング」を学ぶと同時に、本質的なマーケティングを学んでいくことができます。

コピーライティングを学べば、必然的に「消費者の心理」を理解できる

社会心理学の分野を押さえておけば、決してコピーをマスターせずとも、読み手の興味をそそり、成約を取れる文章を書いていくことが可能になります。

 

この点を理解できているかどうかで、どんなビジネスを展開していくにしろ、雲泥の差が出てしまいます。

 

つまり、私がいくらあなたに戦略やテクニック、ノウハウをお伝えしたとしても、この点を無視してしまうと、得られる結果は天と地ほどの差が出てしまいます。

 

というより、ネットビジネスにおいては、”文章ありき”のノウハウや戦略がほとんどなので、コピーライティングのスキルは、

「絶対に押さえておいて欲しい」

というのが本音です。

「The Million Writing」限定特典

しかし、「The Million writing」を購入したとしても、自分なりに情報をかみ砕いて、咀嚼し、自分のものにしていくのは、初心者の方には少々難しいのかもしれません。

 

そこで、このブログから「The Million Writing」を購入して頂いた方には、私から下記の特典をお付けしようと思います。

特典 高樹からのライティングアドバイス

私からの特典は、ライティングアドバイスです。

 

文章の添削から、基本的な文章構成の方法といった初歩的なことまで、気軽にご相談ください。

 

私自身もそれなりにアフィリエイトで結果を出しているので、それなりにアドバイスをお伝えできます。

 

この「The Million Writing」に記されているテクニックやノウハウは、ウェブコピー全般に活用することができますが、ブログやメルマガにおけるライティングに関しては、少しコツが必要になります。

 

ブログにはブログの

メルマガにはメルマガの

セールスレターにはセールスレターの

それ用のライティングテクニックがあるということです。

 

その辺りも、「The Million Writing」を学ぶと同時にお伝えできたらと思います。

 

特典付き購入はこちら

※購入の際は、必ずこの表示が出ていることをご確認ください。

(この表示がで出ていない状態で教材を購入しても特典を受け取ることはできないのでご注意ください)

 

無料で大公開中

時間もお金の使い方も全てが自由

好物を食べて、好きな人とだけ付き合って

好きなように人生設計をして、望み通りの充実した人生を送る

そんな「理想の人生」を実現させるためには

「経済的自由」を手に入れることが必要不可欠です。 

 

下記のメルマガ講座では「経済的自由」を手に入れるための具体的な方法と戦略を"無料"で公開中です。

登録はこちらから↓

 

  

 

現在ランキングに参加中です。

応援クリックして頂けると嬉しいです。



-コピーライティング
-, ,

©2018Ideal Life Project

Copyright© Ideal Life Project , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.